弁護士法人えいらく法律事務所 本文へジャンプ

コラム

人工知能の世界を迎えて(弁護士 真早流 踏雄)

手塚治虫の火の鳥の未来編は西暦3400年の世界を描いている。人類は地下にある5つの都市で暮らし政治は過ちを起こしやすい政治家に代わって人工知能が決めている。ある些細な出来事を巡り人工知能同士が自分の計算の正しさを主張し争いとなり遂に核戦争を起こしてしまい地球上の生物は絶滅する(その後の生命再生の話も面白い)。

最近人工知能が新たな段階を迎えた。

人類が生み出した最も高度なゲームに囲碁がある。約20年前将棋と囲碁のプロ棋士50名に人工知能に負ける日が来るか尋ねた。それに対して将棋棋士49名は負けることを認め囲碁棋士50名全員が負けないと答えた。20年経ち遂に人工知能が囲碁で最強棋士に勝つようになった(将棋やチェスではとうに人工知能が勝っている)。

 人工知能の世界はこれから急速に進化していく。私たち法曹の世界では当面私たちが人工知能に事実関係を情報として与えると(正確に事実関係を入力することも困難である。)人工知能が先例判例学説などを瞬時に情報として私たちに提供してくれるようになるだろう。

その膨大な情報の中から私たちは自らの価値判断に照らしてどれかを取捨選択しあるいは未知の判例等を作り出す作業が必要になるだろう。その価値判断は人間がするしかない。

 人工知能の未来が火の鳥のように人類にとって悲惨なものとなるかあるいは人類を豊かなものに変えていくかは私たちの価値判断に基づく選択にかかっている。


   Copyright(c) 2012 eiraku.lawyers-office All Rights Reserved.